スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
上海奇行6
上海は白人女性がお好き?

宿泊したところが住宅街から市中心部へ至る途中ということもあってか、デパートが沢山ありました。また理容院、美容院、ブティック、スポーツ店(ブランド専門店)なども至る所にありました。ファッションに係わるお店が多い、ということですね。「上海奇行5」で書いた洋服の青○も、その中の一つです。
それで、ちょっと気になったのがポスターとか、デパートの壁一面に垂れ下がってる横断幕とか、お店の看板とかです。そういう宣伝用の掲示物には必ずといっていいほど白人女性がモデルの写真が使われていました。
特に女性服、美容院など女性が利用客と思われる店のものはそう。
それも金髪に青い瞳という女性モデルが多い。典型的なアングロサクソン系の女性かというとちょっと違う。もう少し線の柔らかい感じがします。
勝手な想像ですが、上海はフランス租界が力を持っていた時代が長く、その時期にフランス系の女性=美しい、という美的概念が形成されたのかもしれません。
その割りに子供や男性用のスポーツ店ではプレミアリーグ(英国リーグ)の選手のポスターが多かったですね。特にチェルシーというチームに所属する選手のポスターが沢山貼ってありました。今年一番話題のチームだったからか、或いは英国のホリエモンと言われる(????)チェルシーのオーナー、ロマン・アブラモビッチさんが旧・ソビエト出身。つまり中国と同じ共産圏→自由主義経済圏になった国の出身だからでしょうか。
(写真は地元の人向けと思われる理容店の看板)
つづく
STLJ0011.jpg

「中国」、「フランス」に関連するおもしろblog

小泉首相訪欧の意義 中国武器禁輸措置解除の行方
http://naruse.exblog.jp/417120

小さな中国のお針子
http://funkin4hk.tea-nifty.com/f4hk_blog/2004/02/2002_1.html

「(日中両国大衆の)ナショナリズムには蕁麻疹が出る」(フランスのブログから)
http://homepage.mac.com/naoyuki_hashimoto/iblog/C478131471/E256081551/
経験人数トップは中国の19.3人。
http://www.fr-dr.com/paris/archives/2005/01/31192836.php

フランスから見た教科書問題
http://fr26.seesaa.net/article/2875377.html

スポンサーサイト
【2005/05/31 09:33】 未分類 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
| ホーム |
★★★亜細亜の健康食品&サプリをご紹介します。★★★
無添加ダイエット こんにゃくラーメン
ノニ=学名「モリンダ・シトリフォリア」のジュース
中国伝統の滋養食品*冬虫夏草粒*
中国出張者の間で大人気!!
中国古来の滋養食品“サソリ”を配合
韓国伝統漢方薬草
中国4000年の秘伝漢方
中華人民共和国原産、腎機能を高める滋養強壮剤
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。